woman

任意売却の際に活かせる知識をGET|スムーズに売却

地理的な点をよく見よう

グラフ

藤沢市で不動産を買う場合には地形について知っておく必要があります。まず、低地は災害の被害を受けやすくなります。利便性や価格だけを気にするのではなく、地震や津波が起きた場合のことも考えて不動産を購入する方が良いでしょう。

詳細を確認する

おすすめ関連サイト

  • 日本住宅流通

    不動産売却を依頼するならこちら。引っ越しなどでマイホームを手放すという場合に買取の相談をしてみませんか。

土地を売る人は必見

貯金箱

埼玉の物件を売るときには土地の境界線を把握しておくことで、後々のトラブルを回避する事ができます。土地を高く売る方法というものもあるのですが、これは不動産会社に仲介役となってもらい買い手を探すというものがあるのです。

詳細を確認する

売買時の注意点

real estate

千葉にある不動産物件を手放すなら、まずは査定をしてもらっておくことが大切ですが、その金額で売れるとは限らないため、納得できるまで説明を受けておきましょう。購入するのなら、災害や防犯に強い立地にしておくと、何かと便利です。

詳細を確認する

不動産価格は上昇傾向です

女性

売却期間は限られます

任意売却とは、融資において担保に提供している不動産を所有者が自主的に売却して、融資の弁済に充当することです。担保不動産は債権者からの競売によって処分されても仕方ありませんが、それを回避して、物件の所有者で担保提供者でもある債務者が自主的に売却することも可能であって、それが任意売却です。債権者に対して任意売却による債務弁済を要請するのであれば、その期限を設ける必要があります。無期限に任意売却をすることはできません。東京の不動産は価格が上昇していますので、任意売却を進めるには適した環境にあります。この傾向は東京に限ったことではありません。しかし、東京の不動産市況は確実に回復していますので、任意売却の環境は整っています。

競売よりも有利です

債権者が担保不動産を競売することによって債権を回収するのは最終的な手段であって、その場合の競落価格は時価よりも低い価格になることは当然のことである上に、手続きに手間もかかります。債権者は回収を最優先しますので、任意売却でも競売でも問題ないのですが、競売の場合には時価を下回ってしまう傾向にあります。東京では不動産の流動化が進んでいますので、担保価値も上昇しています。借入金の弁済が困難になっても、最終的には不動産を処分することによって借入金の返済が可能になります。債権者である銀行などにとっても、融資のスムーズな回収が重要であって、競売は最終手段です。円満に任意売却によって融資が回収できることを銀行は望んでいます。